スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロットが少ないときに限って勝てる

おはようございます。
朝からクロス円が上昇中。
日経平均も200円高で、リスク選好基調濃厚。

127.60円で2,000通貨ロングしたユーロ円。
ぐんぐん上昇して現在132円台。
受渡用のため、ロットが2,000通貨と少なくしたが、こういう
ときに限って自分の思惑通りに相場が動く。
ロットを上げれば、大きく利益が出る前に「損大利小」で決済し
てしまう人間の弱さ。
皮肉なもんだ。
確かに資金量に対するリスク管理上、ロットを上げればロスカットは
タイトに設定せざるを得ないが、こういうメンタルに余裕がある時に
は良いトレードができることが多い。
このことからも、やはりメンタルの重要性がよくわかる。
どれだけ、平常心でいられるか。
感情をなくす必要はない。
その感情を上手にコントロールする必要があるのだ。
自分の感情をコントロールできないということは、結局運任せの
トレードをしていることになり、博打と何ら変わりない。
トレード手法は勉強すればわかるが、メンタルはそう簡単には強化
できない。
ただ、それは勝つためには外せない絶対条件でもある。
スポンサーサイト

相場観がない

今週は何かと忙しく、チャートを見る時間がほとんど無い。
「貧乏暇なし」とはよく言ったものだ。
忙しいだけで、あまり得るものがないな、とふと思う最近。

ま、幸いなことに相場の動きは外部環境に左右されるトリッキーな
流れなんで、トレードしても踏まれているのが関の山と、自らにやら
ない理由をこじつけている。
確かに、日銀のオペやドバイ問題やらで方向感がないのは事実。
こんなときは静観するのが得策と思う。

そういえば、日銀が11/27のドル円急落の際に、「ドル円のプライスを
お願いします」とどうやら複数の国内銀行にレートチェックをしにいっ
たという噂を耳にした。
本当だろうか。
新たな口先介入なのか。
しかし、これが事実なら次回85円割れ時には間違いなく実弾が投入
されるはず。
そして、そうなれば85円付近は相当なサポートになる。
いずれにせよ、85円は今後大きな「節」となることは間違いない。

ドル円85円割れ

昨日11/26は大証セミナー@北浜。
シンプレクス伊藤氏とYEN蔵氏のデリバティブ・為替のセミナー。
お二人とも話が上手い。
そして、ジャスト持ち時間通り。
これって結構すごい事ですよね。
セミナー中、あろうことか奈那子さんは写メールを取っていた模様。
静かな会場に「カシャーン」とシャッターの乾いた音が響き渡るwww
あ、それから、大証広報から「大証FXの営業プレゼン」
これが、チト締めとしては・・・な内容orz
結局「イイタイコト」が不明。

話の内容を要約すると、
伊藤氏
「日経225ミニの話。ボラティリティの概念(IVとHV)、そしてデリバティブ
で最大のプレーヤーであるオプションプレイヤーが先物を用い、デルタヘッジ
をする際のポイントについて。オプションの理解がなくてももわかる初心者向
けの内容。
数学、統計学の見地からロジカルな話。
結局、先物の玉の6割程度がオプションのヘッジ玉なので、225先物で勝つ
にはオプションの知識が不可欠、そして、朝は5時に起床しましょうw」

続いて、YEN蔵さん
「ドル円は85円を割れれば、80円付近まで到達といきなりの衝撃的コメント。
根拠として、85円割れの法人設定の仕組債、投信の投げと、中国元高。
それから、ドルインデックス、米国債のイールドカーブ、リーマンショック後
の為替動向。
そして、特に興味を引いたのはユーロ円と225の相関の話。
ドル円が一方的に下落しているのでワークするかは検証が必要だが、ロングショート
戦略が取れるのではないか。
最後はFXの優位性の話から税制面での優遇がある大証FXに綺麗に話しを
繋げられたが、いかんせん、大証広報の人が・・・トホホ
知識量に裏打ちされた、流暢な話の展開に思わず聞き入ってしまった。
やはりYEN蔵さんはすごい。」

そして、そのセミナーの後、友の会メンバーとの懇親会兼奈々子さんの24歳
バースデーパーティー。
ホントおめでとうございます。

2次会は北浜にあるメタチャートが店内に設置された投資家向けのバーにYEN蔵さん、
奈那子さん、sonさんと計4人。
盛り上がって、帰宅したのは2時頃。

皆様、お疲れ様でした。

同日、朝からドル円が85円割れということで眠い目を擦りながらチャートチェック。
来年、海外旅行を計画しているので、外為ドットコムでユーロ円を2,000通貨127.60円
でロング。銀行で両替した時の手数料は片道10円とか取られるので、本当に受け渡し
はお得だ。

さて、前置きが長くなったが、相場は朝の暴落からショートカバーも入り、現在は一段落の
様相。朝から米系の売りが入った模様。
今日は週末、また中東問題が依然燻る中、今からも上値の重い展開を予想。
マーケットが薄いので無理やり仕掛ける必要もないだろう。
一旦はクロス円の戻りを確認したい。

あー、眠たい。







11/25の相場観

1/24はドル円が85.50円を一旦下抜けするも、やはり88円前半
水準では買いオーダーが多いのか、結局、NYクローズで88円
ミドルまで押し戻されている。
今後、10/7の安値88.01円が意識されてくるであろうが、明日以
降の米国休暇を控え、若干材料が少ない。
となると、動く理由付けとして真っ先に挙がる、商品市況の動向
には注意したい。
依然、仕掛けづらい展開が続くが、注目しているのが、
引き続き、ユーロドルの1.4800-1.5000のレンジ。
ドル円88.01-88.50付近の攻防。
そして、その先行指標として、ドルカナダ、ドルスイスに
出現している日足NR7+孕み足の今後振れる方向に注目。
ポンドドルは依然方向は下方向と見ているが、ユーロポンドの
方向にも注意を払いたい。

11/24の相場観

おはようございます。

昨日の祝日はのんびりするつもりが、為替が動いていると
見ずにはいられない悲しい個人投資家の性分。
とはいえ、日曜は姫路まで小旅行し、休暇を満喫。
しかし、あいにくの雨で姫路城も残念な感じ。
なんというか、下町な感じが尼崎とそっくりでいい感じな街だ。

さて、11/23はドル売りが目立った一日。
ユーロも1.5000までドル売りが進んだ。
しかし、いまだ1.4800-1.5000のレンジは意識されている模様で、依然霧の中。
そして、ドル円に関してはもっとひどく89.00近辺で全く動かない。
88円ミドルの買い、89円前半の売りが厚い証拠だ。
下落すれば買われ、上昇すれば戻り売り。
この繰り返し。
全体的にも流れがない今、すこし「見」を決め込んでいる。

基本はドルストレートはドル買い方向、クロス円は戻り売り、
ユーロドルはレンジで逆張り。
ま、少し時間がないのでこの辺で。


プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。