スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手意識のあるポンドでエントリー完了

今日は日経新聞に興味深い記事を見つけたのでそれをネタにしようと思ったが、
他に書きたいことができたので明日に保留。

昨日は「偽為替王」氏のブログからリンクを辿って本ブログにコメントをいただき
嬉しかった。
有難う御座います。
この場を借りて、御礼申し上げます。

その方のコメントで知ったのだが、為替キングのカレンダー(豪華版らしいw)が
売れてるみたいだ。
信じられない。
お金は正しく使いましょう。

で、今日はキングのブログ見るつもりなかったのだが、一応チェック。
ドル円が強気なので今日は文章も強気かつ長文www
円高のときは数行だったのに・・・。

突っ込みどころ満載で、全部突っ込むと日が暮れるのでそれは諦める。
その中でも「頑張れば頑張っただけ相場の世界では正当に評価される」みたいなくだりを発見。

絶句。
まさに詭弁。
相場の世界では、ベクトルの方向を間違えて頑張っても「骨折り損のくたびれ儲け」だ。

そして、最後は「相場鍛錬」ということで自分の商材へ誘導。
イラっとするには自分だけか。

さてさて、今日の前置きはこの辺で、タイトルのポンドの話を。
昨日のブログでポンド円のエントリーポイントを探っていたと書いたが、先刻落ちたところを
ポンドドル1.4877、ポンド円139.00でロングエントリーを実行。

チャートはポンド円日足。
三角持合かつR3を上抜け。
少し勇み足気味だが、昨日の高値を抜ければレンジも上抜けとなり、まずは145円までは
上昇するか。
ポンドは踏まれることが多いが今回はどうだろう?




スポンサーサイト

現在の注目通貨と為替キング批判

ドル円が急上昇したので、久しぶりにドル円アナリスト「為替キング」のブログを読んだ。
ドル円とリンクして文章も相当強気!
ドル円の94円をあたかも予想していたかのように自画自賛。
当然、これは相場を読み解き、予想が当たったのではなく、あくまで「言葉のあや」のレベルってことに注意。
つまり、文章の巧さの賜物。
特技の超ワイド予想であたかも「ピッタリ命中」的な感を醸し出しており、いや~な気持ちにさせられた。

じゃ、読むなよwww

ま、彼の予想は年頭にお偉方が日経新聞で掲載する「年間ドル円相場予測」ぐらい当てにならない。
しかし、気になったのが、以前声高らかに言っていた「スワップ」の話が割愛されていたこと。
自分も今、ドル円を91.10円でロングしているが、買いスワップが一桁ってwww
そりゃ書けないよね。

と、ファッション評論家の辛口ピー●さんばりの批評はこの辺にして、今注目している通貨の話でも。

の前にざっと現状の展開の話を。
クロス円は昨日も書いたとおり、ドル、オージー、カナダ円をロング中。
クロス円は今はロングしかないだろう。
ユーロドルははっきり言って、ここまで下げるとは思わなかった。
天井をつけた可能性大。
よって、この状態どっちに動くか全く不明のためエントリーは当然見送り。
ポンドは上昇しそうだが、現状はエントリー保留。
もう少しチャートの進行を見極めたい所。
オージドル、キウイドルはどこかでロングエントリーしたい。

そして、もっとも注目している(やっと本題w)ドルカナダ。
チャートはドルカナダ日足。
(インディケーター入れ過ぎで見づらくてすいません)

1.3000を天井のトリプルトップ形成が明白になりつつある。
週足のトレンドが下へ転換、かつ20EMAでがっちりレジストされている。
今日は上昇しているが、数日来上ヒゲが続き、上昇力が続かない。
そして、昨日も上ヒゲの陰線での引け。
1.2400辺りを越えれば1.3000を目指す展開が予想されるが、現状は先に直近安値1.1820付近を目指す動きが濃厚。
当然、エントリーとなると1.1820付近を割れてからのショート。
となると、必然的にストップは1.2400か。

最近、スキャルが人気だが、自分は短い足より長い足のトレードの方が快調だ。
このトレードも日足でエントリー予定。





抜けるには抜けたがパッとしない展開

もみ合いが続いた相場が夕刻一転、ポンドドルを筆頭に欧州通貨の買いが加速。
自分は乗り遅れるorz
1.4760or1.4810付近でロングエントリーしたかったー。
出遅れた通貨を触るといつもヤケドするので、じっと我慢。
と言うわけで、ユーロドルを1.2860、ユーロ円119.70でロング。
その横でポンドドルは1.5047まで暴騰・・・。うーむ。
結局、ユーロドルはピボットR3付近の1.2890、ユーロ円も同じくR3付近120.50で決済。
なんかしっくりこないなー。
上昇力を使い果たした感じで、今はもみ合い。
今日の高値をしっかり抜けると展開も変わるでしょ。
まずは週明け今日のダウに注目。
ポジションは小さめが○。

為替キングを斬る3

昨日13日と今日はノートレード。
ある程度の戻りは予想していたが、想像以上の戻りだった朝方。
今の地合でエントリーに指値を置くのもあまり気乗りしないので、取れなくても仕方ないか。
G20もあるので、ここからはポジション調整がメインと予想されるため、のんびり構えよう。
と言うわけで、昨日の急騰で為替キングもさぞご機嫌だろうということで久しぶりにネタにしよう。

今日のキングのタイトルは「為替が円安に大幅反発の理由?」
うわー、そそるタイトルだこと。
最後の?が気に障るが、2000億のファンドマネージャーらしく、さぞ緻密なかつ具体的な分析があるのだろうと思い読み進めると、反発の理由は要約するとたった1行。
「なにわともあれ米国次第」
以上。
つらつらと長文を書き綴っているが、ほとんどがチャートを見れば事足りるであろう昨日の相場事後報告。
全く参考にならない、今日のポジション。
あと、不快なのが、「円高エネルギー放出完了」で相場の上下動を分析すること。
相変わらず、根拠性が著しく乏しいこの台詞。
エネルギーを算出する根拠は何だ?
そもそもあなたの言うエネルギーって何?
そして、今日のポジションというなら、エネルギーを放出したから今後はこうなるだろうという見通しを書くべきだ。

それから、ダウが最も重要と位置づけるなら、その分析をキチンと書くべきだ。
そして、サイト閲覧者が初心者であることに鑑みるなら、ダウがリアルタイムで見れるサイトを紹介することも必要だと思う。
それから、もっと言えばグローベックスでのダウ平均先物の話までするべきだ。

ちなみに自分は両方ともリアルタイムでチャートが見れる「ひまわり証券CFD」のライブ口座を開設している。
デモトレードしてからでないと開設できなかったり、ソフトのインストールが必要だったりと少し面倒だが、日経に大きな影響を与えるSGXの225先物も8:45の寄付きからリアルタイムでチャートが見れるので非常にオススメだ。

と、話が逸れたが、今日イイタイコトはただ一つ。
「言葉遣いは丁寧でも、内容が紙より薄いあのブログからは何も得るものはないし、あれを読んでも自立したトレーダーにはなれない」ってこと。

為替キングを斬る2

偽替王氏と相互リンクが完了したということで、2008年9月13日に記した「為替キングを斬る」をカテゴライズ化して不定期ではあるが、今後このテーマで書き綴っていきたい。

※為替王=為替キングとして記載、でないと「偽替王」と字面が酷似しており間違うのでw

まず、当方も基本、偽替王氏と同様のスタンス。
しかし、偽替王氏の発言すべてを肯定はしない。
判断材料の一つとして捉えてほしい。
読む人が為替キングの発言を少しでも多角的に見れる一助となれば、これ幸いである。
実際、閲覧する人は中立の視点で文章を読んでいただき、読み比べて、自分で結論を出してほしい。
個人的意見を述べると、偽替王氏の分析・文章力には目を見張るものがあり、とにかくロジカルで的を射ているとは思う。しかしながら、これも当方の主観である。
一方、為替キングも当たらない相場分析を誤魔化すだけの文才がある。
さらに、人のココロに付け込むスキルを持ち合わせている。
このあたりには細心の注意を払いたいところだ。

さて、長期投資を推奨する初心者に絶大な人気を誇る自称ファンドマネージャーの為替キング。
超円高が進み、どんな記事を書いているのか?
ans)お便り紹介
え?
こういう時こそ、土日返上で働くファンドマネージャーはきっちり相場を分析して記事を書くんじゃないのですか???
超抽象的かつ意味不明な慰めのコトバを掛けられても納得できないし、含み損という事実に対しての対策では一切ない。
己の商材、カレンダーを発売し、商売として自分の意見を発信するならそこには責任が伴うはずだ。
「間違いを犯したら謝る」
これは幼少期に学ぶ最低限のルール。
大人になると謝って許されないことが出てくるが、謝罪は基本。
それをせずして、人を慰める、励ますなんて言語道断。

オージー円、ポンド円の下値目処はどこへやら。
不利になると中田英ばりキラースルーw
偽装かつ隠蔽。下手をすると話題にすら出さない。
そりゃないよ。

推奨レバレッジ3倍で死んだ人を弔い、そして、謝罪すべきだ。
フツーに見捨てるなよ!!!
予想が外れたんだろ!!!
なら、きっちり謝れよ!!!
はい、きちんと筋を通しましょう。

為替はマージンコールがかかると一瞬で含み損が確定し、資金が消滅するのだ。
最悪の事態を想定して為替オプションで保険の掛け方でも教えるべきだ。
相場において、「確実にその値段にならない」なんて言い切れないだろ。
プロって退場させられないように、最悪の事態を想定して取引するのが当然だろ。

あなたの投資目的はなんですか?
長期投資ってなんですか?
ここまで下がるのが、お得意の分析でわかっているなら、そして、お金を殖やすことが目的なら、玲子さんは円安時に確実に利食いを執行すべきじゃないの?
そして、円高時にまた仕込めばいいだけじゃないの?
確かに金利差がたーくさんあって、右肩上がりの円安時にはスワップ狙いもアリかもしれないが、そもそもFXのスワップって株でいう「配当」みたいなもんでしょ。
レバレッジがかかる取引でそれを全面に押し出して取引するのってどうなの?
FXってそもそもそういう商品ではないと自分は思う。

今日は相互リンクが決まって、慌てて書いたので誤字脱字はご容赦を。

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。