スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資四方山話1

1988年(昭和63年)9月 日経平均株価(日経225)先物市場開設。
1989年(平成元年)6月 日経平均株価(日経225)オプション市場開設 。
今年でデリバティブ市場開設20周年。
http://www.ose.or.jp/index.html
詳しくは大証のHPで。

さて、私の愛読書の一つにゴルゴ13がある。
ほとんど全巻揃っているし、別冊もかなりの数保有している。
なぜ、引き合いに出したかと言うと当然、投資と関係あるから。
その中で単行本88巻に収録の「プログラム・トレーダー」
P1020762.jpg


P1020769.jpg

あらすじというか要約すると、
「インサイダー取引の容疑で罰金刑になったある投資家がデリバティブを使って意図的に株を大暴落させようとする話、それを阻止するために奴が出てくる」そんな話。
ぜひ読んでほしい名作である。詳しくは書かないが。
それ以外にもまだ単行本になっていないと思われるが、2004年3月に掲載の「プライスキーピングオペレーション(PKO)」これは当時の財務省が日銀とともに実行した大規模なドル買いの為替介入を描いている。
ゴルゴ13は単行本になるのに時間を相当要する。しかも、1990年に本誌で掲載。
その情報収集力には頭が上がらない。さいとうたかを氏恐るべし。
投資をしていない頃は読んでも詳細は理解不能であったが、。
実際先物オプションを取引している今読むとなんとも凄いことを実感。
なにが凄いかというと、その当時の細かい描写。

今日はマーケットも動いていないのでそんな余談を。
スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。