スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには早く寝ることにする

動意薄の米国休場の今日。
薄商いの時は動いても変な動きなので嫌だ。
よって、今日は休業。
ま、個人投資家の特権ですな。
煮えたぎってきたドル円が動き出したら、クロス円を。
ポンドドルは1.5500前半を超えたら、ユーロドルは1.3200前半を超えたらロングってところかな。

スポンサーサイト

行政処分

違反

今日の日付は11月26日。
そして、画像の行政処分の出頭期限は11月6日。
ここにこの用紙があるということはつまり、明らかな期限切れwww
ま、この通知がきて出頭してから初めて免許の効力が停止するので、今車に乗っていても問題は無いわけだが、1回目の30日免停なんで、6点が乗っかったままなんでリスクは大きいなー。
あと、9点で免許取り消しだもんねー。危ない危ない。
30日免停なんで、1日かかる短縮講習を受けるとなんと「29日」短縮される。
よって、1日だけ乗るのを我慢すればいい訳だ。
しかし、この講習は「1万3000円~5000円」かかる(間違っていたらゴメンナサイ)と記憶している。
講師はおそらく天下ってきた年配の方々。
1日拘束され講義を聞くのだが、とにかく眠たい。
けど、車に乗れないは死活問題。
なぜなら、電車が著しく嫌いだからw

そもそも、この免停に至るまで
①信号無視
②スピード違反
③右折禁止違反
と、2年間での累積の結果。
交通違反の切符を切られると、「行政処分」「刑事処分」の2つが運転者に乗っかかってくる。
道交法は相当勉強して、理論武装しているので、刑事処分は3つとも「不起訴」を勝ち取っており、反則金のトータル3万ぐらいはなし。
一方、行政処分である点数は一筋縄では消せない。
時間とお金がいるので、免停でもならない限りあきらめるほうが得策。
そんな訳なんで、交通違反に関してある程度は相談に乗れる知識はある。
ま、困っている人はメールでもください。
点数をヒックリ返すのはしんどいけど、反則金については相談乗りますよ。
自分の知識ではどうしようもないときは相互リンクの専門家「内村特殊法務事務所の内村氏」とコンタクトも取れますし。
と、今日はトレードとは全く関係ない話。

また踏まれた。

先週末から持ち越したドル円とポンド円ショートは綺麗に踏まれ-400pips
ユーロドルで80pips取り戻すも焼け石に水だなー。
ま、ただで勉強しちゃいかんよ、と自分に言い聞かせる。
しかし、何度目の壁なんだろうなー。

「売り」しかないでしょ

さてさて、10月安値が見えてきたクロス円。
ポンド円はあっさり10月安値の138.80円を割った。
ま、今日の上昇はあくまで戻りの範疇。
ドル円も94円を割っており、もうショートしか考えていない。
クロス円は戻ればショートでいいでしょ。
現時点でドル円を95円、苦手意識のあるポンド円142.10円でそれぞれショート中。
ドル円は90円割れ狙いで、ストップを100円。
ポンド円は148円と深めにストップを置く。
そんな感じでスイング勝負。

グダグダで救いようがないアホ

昨日-400pips。
今日-100pips
昨日はロングポジションで持っていたポンドドルとユーロドルで見事にダマシにハマる。
一時は+350pipsまで利益が乗るも、トレールしなかったためこの有様。
もうね、アホというか自分にかけるなぐさめの言葉すら見つからない。
皆様、利益が乗ったら利を伸ばすことも大事ですが、それを確保することも忘れないように!
特にこういうベア相場でロングポジションを持つ逆張りの時はね・・・。
ふぅ。





注目のポンドドル!

一昨日、昨日と執拗にロングで追い続けているポンドドル。
依然ホールド中。
他通貨がもみ合い継続の中、19:00頃急上昇。
しかし、1.5080でまたもや叩かれる。
うーん、抜けないなー。
3回弾かれるとちょっと弱気になってくる。
クロス円は触りたくないし、となると、ユーロドルあたりのブレイク待ちか。
ま、そんな訳で動かぬことには書くこともたいしてないw

麻生語録と今日のポジション

最近、トレード話より雑談が多く、どうかと思うが、今日もまずはその雑談をw

こないだのTVで麻生首相が答弁やコメントで「詳細」を「ヨウサイ」と読んだり、「踏襲」をフシュウと読んだりするため、その国語力の無さはどうなんだとメディアが疑問を呈していた。
レポーターが首相に対し、このことについてコメントを求めると首相は一言。
「単なる読み間違いだ」と憮然とした態度で言い放つ。
長として、揺ぎ無い回答。
さすがだ。

しかし、以下の話しは明らかに読み間違いでない失言、否、笑い話。
週刊新潮10/2の記事だが、初出馬の1979年の時、該当演説で「シモジモの皆様」と語りかけ、さらにトドメは83年の総選挙の時。
「平民の皆様」と発言。
ひっくり返ったよ。
さすがにこのときは落選したみたいw
器がデカイわ。

と、雑談はここまでにして、トレード話。
昨日のポンドドル1.4970ロングは依然ホールド中。
1.5080辺りを越えると暴騰すると踏んでいるが、上は非常に重たい。
しかし、下値も相当固いと思うがどうだろ。
ユーロドルも同様の見解で、トレンドは下だが、上に抜けると大幅な戻りもあると考える。
いずれにせよ、4時間足での孕みとNR7が出現中なので、動くと大きいか。
クロス円はどっちに動くか全くもってわからん。
よって、現在は待ち。


雑談および現在のポジション

今日は名古屋在住の昔からの友人がその得意先のバッタ屋と来訪。
同い年だが、不動産の賃貸を中心に数店舗ものショップを経営する凄い奴。
同行してきたバッタ屋ってメジャーな職業ではないと思うので、少し説明すると、「倒産した店等の商品を安く買い叩き、転売する現金問屋」ってところかな。
焼肉を食べながら、近況を報告し合う。
名古屋はご存知の通り、トヨタがあんな状況なので、結構景気は悪くなりつつあるそうだ。
持つものと持たざるものの差が開く一方であるとも言っていた。
そして、特に、彼のような小売はしんどいと。
そんなことを言いつつ、この後は三重の温泉に行くそうだ。
一泊4万だと。
羨ましいねー。

この友人とは車の話でいつも盛り上がる。
彼は最近を車を買い替え(現行のランドクルーザー)、今日はその車で来ていた。
やっぱデカイなーってのが第一印象。
シートの座り心地が最高だ。
ただ、サンルーフの設定がないらしく、「それはまずいでしょ、タバコの煙が抜けないじゃん」
と愛煙家同士、妙に共感する。
小さいことなんですけど、それだけで違う車にするか本気で悩んだそうだw

そして、焼肉を3人でつっついていると、彼の電話が鳴った。
どうも店に万引きが入ったらしい。
やはりコンビニしかり、小売では万引きは頭が痛い問題だそうだ。
彼はその対策で500万もかけて防犯カメラ類を組んでいるそうだ。
しかし、防犯カメラ20台ってw
凄いな。
店のバイトの仕事はそのモニターの監視だそうだ。
いやー、複数のモニターを眺めるってトレーダーそっくりっすね。

そんな話をしながら、さっき帰って来て、チャートを見る。
そして、ポンドドルを1.4970でロング。
1.46前半にストップを置いて、少し持ちたいなー。
クロス円は手が出しづらいので当分様子見かな。



為替キングを斬る3

昨日13日と今日はノートレード。
ある程度の戻りは予想していたが、想像以上の戻りだった朝方。
今の地合でエントリーに指値を置くのもあまり気乗りしないので、取れなくても仕方ないか。
G20もあるので、ここからはポジション調整がメインと予想されるため、のんびり構えよう。
と言うわけで、昨日の急騰で為替キングもさぞご機嫌だろうということで久しぶりにネタにしよう。

今日のキングのタイトルは「為替が円安に大幅反発の理由?」
うわー、そそるタイトルだこと。
最後の?が気に障るが、2000億のファンドマネージャーらしく、さぞ緻密なかつ具体的な分析があるのだろうと思い読み進めると、反発の理由は要約するとたった1行。
「なにわともあれ米国次第」
以上。
つらつらと長文を書き綴っているが、ほとんどがチャートを見れば事足りるであろう昨日の相場事後報告。
全く参考にならない、今日のポジション。
あと、不快なのが、「円高エネルギー放出完了」で相場の上下動を分析すること。
相変わらず、根拠性が著しく乏しいこの台詞。
エネルギーを算出する根拠は何だ?
そもそもあなたの言うエネルギーって何?
そして、今日のポジションというなら、エネルギーを放出したから今後はこうなるだろうという見通しを書くべきだ。

それから、ダウが最も重要と位置づけるなら、その分析をキチンと書くべきだ。
そして、サイト閲覧者が初心者であることに鑑みるなら、ダウがリアルタイムで見れるサイトを紹介することも必要だと思う。
それから、もっと言えばグローベックスでのダウ平均先物の話までするべきだ。

ちなみに自分は両方ともリアルタイムでチャートが見れる「ひまわり証券CFD」のライブ口座を開設している。
デモトレードしてからでないと開設できなかったり、ソフトのインストールが必要だったりと少し面倒だが、日経に大きな影響を与えるSGXの225先物も8:45の寄付きからリアルタイムでチャートが見れるので非常にオススメだ。

と、話が逸れたが、今日イイタイコトはただ一つ。
「言葉遣いは丁寧でも、内容が紙より薄いあのブログからは何も得るものはないし、あれを読んでも自立したトレーダーにはなれない」ってこと。

やっとブレイク!!!

昨日、午前中にみささんのブログに書き込みした通り、ポンドドル、ユーロドル、ユーロ円を「動くなら今日しかない」と気持ちでそれぞれ売った。
東京タイムで各通貨が上昇したので、少し仕掛けが早かったかと思ったが、ストップを深く置き、覚悟を決めた。
その後、ダウオープンの23:30頃、なんとなくスッキリしない相場展開が一転。ドル円が97円を割った瞬間から下落が加速。そこからは早かった。ユーロドルだけ+52pipsだが、ポンドドルとユーロ円はそれぞれ300pips近く取れた。結局朝方までモニターに張り付いていた。
やはり、ブレイクが取れた時の利益は大きいと痛感した。
そして、利益が乗った時の利食いが難しいことも。
ロスカットポイントは多くの人が機械的に設定できると思うが、利食いポイントの設定は難しい。
これはちょうど先週末しろふくろう氏と話をしていたとき、氏も同じことを言っていたので、一人よがりの意見ではないw

それから、昨日思ったことが「資金量の多い人の優位性」
資金に余裕がないと、ロスカットは浅く設定せざるを得ない。つまり、短い足でのトレードになる。しかし、当然ロスカットも大きくなるが、値幅が取れるのは長い足だ。
短い足ほどノイズが多く、トレンドも捉えにくい。
確実に言えることは期間が短くなればなるほど、トレードは難しくなる。
昨日のような大相場だと、スキャルの人は何回も回転させないといけないし、おそらく反動も大きいのでストップに引っかかる回数も増えるはず。
方向が捉えやすい長い足ができる資金量の多い人の方が明らかに有利だ。

富を有する者にさらに富が集まる資本主義の掟。



深夜にブレイク!!!結果は・・・?

まず、結論。
勿体ぶったタイトルなので、さぞ儲かったとお思いの方も多数いらっしゃると思いますが、なんと自分は今日のトータル-50pips。

経緯はこう。
「今日はベテランズデーだし、米国株はあるけど薄商いだろうし、ブレイクは明日以降か」なんて思いながら、風呂に入った。
そして、風呂から上がって今日発売のスパを読みながら、チャートを開くとアラびっくり。
す、凄い陰線が・・・。
そこから必死でエントリーしたが、すでに出尽くし感が・・・。
ま、止まるところで止まったね。
よって、ユーロ円、オージー円の止まったポイントは次回以降相当意識されるはず。
(ユーロ円122円前半、オージー円63円前半)
しかし、そこが逆に狙い目であったりする。

かろうじてユーロドル、ポンドドルで取れたが、風呂に入る前に「スキャルの練習さ」とかなんとかいって負け越した分すら取り返せずw
結果は冒頭の通りの敗北。

指値が嫌ならずっと見てないといけないのか?
ずっと見てるって監視カメラかw

手が出せない

続きを読む

当分様子見

先週金曜もFPみささんと電話でトレード話。
すいませんねぇ、いつもいつも、貴重な時間を割いてもらって。
その会話の中で自分のブログのダメ出しを優しく受けるw「見づらいですぅ」と。
という訳で、後でテンプレートを変更しようと思う。意外と人の目を気にする自分w
本当はもっと見栄え良く、チャートなんかもアップしたいのだが、なかなかどうして技術と知識が乏しかく思うようにいかない。ただ、ひとつ言えることはブログって結構おもしろい。
まぁボチボチと。
どうやら奈那子さんが韓国に旅立った模様。
こないだ奈那子さんと会ったときには、知人から買い物を頼まれているその刹那を目撃w
特にこんな円高なご時世なんで、海外に行くことが知れるとしこたま買い物の依頼を受ける。
ま、仕方ないか。

さてさて、今日は軽く窓明け円安スタート。日経も前場は堅調で9000円オーバーで引け。
昨日は夜中までメタトレーダーの設定というかテンプレートなんかを作っており、今朝はかなり眠い。

結局、先週末の記事に書いた雇用統計は+40pips。
その雇用統計発表時に色々と本邦証拠金会社のレートを見ていたが、固まっているあるいはもたついているところが多かった。
一方、その傍らでFXDDのメタトレーダーのライブ口座も見ていたのだが、こちらはサクサク稼動。
さらに言うと、デモ口座はモタついていた。
ライブ口座の安定感を痛感した。なんだったら先行指標で使えるね、と思ったぐらいだ。
オススメだ。
口座開設には英語が必要だったりするのだが、こちらのしろふくろう氏のサイトを参照にすると簡単。ぜひぜひ。

で、先週のトレードは手を出してはいけない場面で手を出し損失を重ねた。
具体的にはレンジ相場で順張りしていた等。

今週はじっくり腰を据えてトレードするつもり。
当分短い足でのトレードは控えようと思っている。
メインは4時間足のスイングトレードで、持ち合いが進む相場のブレイクについていきたい。
そうなると当然ストップも深くなるが、そこは我慢我慢。
薄商いになる12月までにある程度結果を残したいと思う今日この頃。

キタキタ今日は雇用統計!

さぁ、今日は月に一度の博打的イベント「雇用統計」
現在22:12。
いいですね、この静けさ。
今回は大幅に悪いと予想されるが、数字をどうこう言うより、その数字に対して参加者がどう反応するかを予想するのが正しい雇用統計時のベットの仕方。
上に行くか、下に行くかを予想するので、ポーカーよりは単純明快。
チャーチストはエントリーするべきでないのだろうが、自分は子供なんでw
倍率ドン!
さらに倍!!!
ってことで、今日はスバリ「ショートに20万ドル」

さてどうなるでしょう!

連敗

昨日に続き今日もロスカットを喰らう。
ポンド円でデイリーのNR7かつ孕みが出現していたので、155.20円に逆指値を置いていた。
そして154円前半まで下げるも欲張って、英政策金利発表があるのにも関わらずそのままホールド。
結局利食いできずに、金利発表後の爆上げであえなくロスカット。
その後もカチカチトレードするも、ユーロドルのショートで少し回復できたぐらい。
結局、-150pips。
昨日、今日で-300pips。

トレンドレスの相場は苦手だ。
じゃ、やるなよw

そういやさっきFPみささんと電話で話をしたときも「明日には雇用統計もあるので、今日明日はたぶんエントリーしないですぅ」って言ってたもんなー。
あーあ。

軽い気持ちが結果お金をドブに捨てることに

週間SPAを毎週読んでいる。
ゴシップ誌と揶揄する人もいるが自分はこのようなジャンルの雑誌が好きだ。
まず読むのが、「マネー特捜本部」と「恋愛の利回り」w
今週号の「マネー特捜本部」では9億円トレーダーの三村雄太氏がここ2週間で3.5億踏まれたということが書かれてあった。
氏の文面はゆるーい感じで心地よい。
彼は逆張りでなので、今回の暴落時にも果敢に立ち向かってたようだが、どうやら掲示板の書き込みを信じて買い持ちの玉を投げ打って大損したようだ。そして損切りの後、そこが底で反転。
しかし、彼は他人の意見に耳を貸さない人なのに、どうしてこんなときにという気がした。
その結果が-3.5億円とは。
自分の判断のみでこの損失なら、まだ納得できだだろうと思う。
当人も相当悔しい胸の内を文章にしていた。
自分もよくあるのだが、人の相場観を聞いて、それが自分と異なると自分が間違っているような気がする。 人の意見には耳を傾けるべきだが、それで揺れてはいけない。
やはりメンタルは重要だ。

前置きが長くなったが、今日のトレード。
結論は-150pips。
全然ダメ。
久しぶりにドル円でもやるかって感じで安易に手を出すも、深みに嵌った。
猛省。
99円を抜けたとは言え、ドル円の上値は相当重たい。
当面は99円~100円の売り場を探そう。

そういや、今週のSPAに郷ひろみのCMでお馴染み、高須クリニックの院長が年収50億って書いてたなー。
え?上場してんの?
してなかったら、その年収意味わかんね。
ま、いいや、もう寝よ。


ものすごい腰痛

一昨日、昨日と持病の腰痛が悪化。
猛烈な痺れというか、痛み。
腰痛持ちの人にしかわからないであろう辛さ。
全く動けなくなった。
まさに動意薄とはこのことw
当然、モニターの前に座ることすらできず、トレードはおろかチャートも見れなかった。
今日になってやっと椅子には座れるようになったが、靴下は立って履けない状態。
色々、シナケればいけないこともあったのだが、すべて放置。
あー、もう。

結局、トレードで勝つ為には、メンタル面や分析力も当然重要なのだが、一番は健康管理と痛感した今日この頃。
誰か、大阪のドクターK(古いなーw)あるいはブラックジャックみたいな名医知りませんかねー?

何をいまさら・・・

最近、大学生の大麻所持がメディアを賑わせている。
そういう人間を擁護するつもりはないが、若者のマリファナ所持は今に始まったことじゃないし、何を今さらって感じがするのは自分だけか。
たまたま大学生だったってことが、メディアの格好の餌食になったとしか思えない。
そもそも、義務教育で薬物に関して大した教育もしてないのに一方的に「ダメ」と言うのもおかしな話だ。
それが「決まりだから」と言う前に、なぜ「ダメ」なのか、具体的かつ科学的根拠を示した上で教育するのが先だと思う。「覚醒剤」と今回の「大麻」の違いをきちんと言える大人が何人いるんだ?
その前提が無いのに、取り締まり、規制が厳しくなると依存性が強いだけに「地下に潜る」のは当然。
非合法の日本を離れ、合法の例えばオランダなんかに行く連中も多い。
それならいっそのこと、日本も合法にして、特定の許可された場所でのみOKにした方が監視もしやすいし、タバコ税ならぬマリファナ税のように税金を課せば財源も増えるので一石二鳥ではないかと個人的には思ったりする。

日本は「お金」に関して、もっと言うと「投資」についてもほとんど教育がされない。
そうやって、一般的にタブーとされることについては蓋をする。
そうなるとある程度の年齢になってから自分で学ぶ。
自分で学ぶと言っても、身近な人間からの伝聞や、本質から外れた間違った情報をネットから仕入れるだけだ。
それが例え、「正しい知識」ではなくても、結果大多数の日本人の常識となる。
そんな知識で投資の世界で生き残れるわけがない。
いつだってそんな個人投資家が餌食にされる。

と、今日は自分が投資で大損したことを日本の教育のせいにしてみたりするw
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。