スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなるポンド

薄商いのため、値動きが荒いこの時期。
あまり無理してトレードしたくない。
そんな中、暴騰を続けるユーロポンド。
チャートはその日足。
明らかな上昇トレンド。
水色の四角で囲んだレンジを上抜け後、上昇加速中。
直近高値を更新。
ゆろぽん

どこまで上がるか。
直近安値の0.928にストップを置いて、ロングでついていくのもアリ。

一方、下のチャートはユーロポンドの今後を占う上で重要なポンドドル日足。
ポンド売りが鮮明。
ユーロドルのチャートはアップしていないが、ユーロドルはアップトレンド継続中。
よって、現状は、
ユーロ>ドル>ポンド
ってことか。

下のポンドドル日足チャートを見ると、一旦1.5500のレジスタンスを抜けた後、
叩かれ、再びレンジ突入(水色で囲ったボックス)
昨日は大陰線での引け。弱い。
安値1.4473が目前。
あっさり割るのか、反発してトリプルボトムを形成するのか。
なかなか面白いポイントに差し掛かっている。

pondol.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。