スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/12の週(1/12~16)結果

別に女子プロには全く興味がないのだが、女子プロゴルファーの「上田桃子」
がブログを始めて、日々を振り返るようにしてからスコアが上がったと何かのメディアで見た。

自分もブログを書き初めて、格段に成績が上がったわけではないが、
少しは冷静にトレードできるようになり、無駄なトレードが減った気がする。
ブログといえども継続すれば何か得るものがあると思って今後も頑張って
書いていきたい。そして、それがトレードにつながればなおいいし、嬉しいことだ。

ちなみに上田桃子のブログは以下のとおり。
待ってろ世界」。

さて、先週のブログで書いたとおり、主なトレード(既決済)は以下のとおり。
週末の持ち越しポジションはなし。

既決済詳細は日付順に
ポンド円ロング:.139.01円→135.56円(-345pips)
ユーロ円ショート:117.55円→118.20円(-65pips)
ポンド円ロング:132.00円→134.67円(+267pips)
ドル円ロング:90.03円→90.56円(+53pips)

合計 -90pips

先週末持ち越した、ポンド円ロングが週明け-345pips。
これが痛かった。
その後も何とも煮え切らない展開。
ショートで入るにも日足ではエントリーポイントが少なかった。
ブレイクポイントがなかった。
そして、週半ばで取った、ユーロ円ショート。
一旦116円前半まで下落するも、ブレイクには程遠く一旦利食いも考えたが、
ホールドしたままで結局一旦ロスカットポイントを前に仕切った。
日足なので、ストップ、リミットともに深い。
よって、116円前半の利食いではロスカットとの比率で話にならない。
しかし、反転を確認できたなら一旦利食いを入れるべきだった。
しかし、早い利食いでは「大物」を逃すし、他方今のような不安定の状況下では
たとれ利益が乗っていても、確定せずにホールドしすぎると反転でやられることもある。
この辺が今の課題。

ま、週末にドル、ポンド円のブレイクを取れて結局-90で抑えられたのなら良しとしよう。


スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。