ポンドに「たくり足」発生中

今日はヘルニアの検査のタメ、朝から病院へ。
その途中、パトカーが黒の見るからに怪しいオーラを醸し出すセルシオをあろうことか
道の真ん中で停車させ職質。
朝なので、後ろは超渋滞。

もうちょっと考えて職質しろよと、イライラしながら病院のパーキングへ。
バックで駐車しようとすると、その瞬間
「ドンッ」
リヤのバンパーをポールソン、いや、ポールにぶつける失態。
イライラするといーことない。
琵琶湖の水面のような穏やかな心が欲しい今日この頃w

さて、今日は木曜日ということで「特命係長只野仁」を観ながらチャートを眺める。
注目は昨日のクローズで綺麗な「たくり足」が出現したポンドドル、ポンド円。
狭義ならポンド円のたくり足が正解。
反転の合図になるか、はたまたダマシとなるか。

①ポンド円日足。
ポンド円たくり

②ポンドドル日足。
ぽんどるたくり

たくり足は十分下がり切った後で出現したヒゲの長い足が条件。
長い下ヒゲだけでは条件不足。
まず、昨日が本当に「たくり足」に当たるかどうか。
仮に反転を見越してロングを入れたとしても、「たくり足」の安値水準を割り込んだら、
即ロスカットがセオリー。
ま、自分はトレンドを重視するため、決してロングはしない。
むしろ、昨日の安値を割り込んだらショートでついていく、あるいは昨日の高値をバックに
ショートだ。
他通貨の状況を勘案しても現状ロングポジションは取れない。
戻りは徹底的に売り、高値を抜けたら潔くロスカット。
下落トレンドの鉄則。
スポンサーサイト

リアルタイムドル円

そろそろ寝るかと思った刹那、ドル円が暴落。
一気に180近い下げ。
呼応してのクロス円急落。
久しぶりにタイムリーに見れた。

チャートはドル円30分足。
まさに直下式。

無題11

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ