スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がっつりロスカット

昨日のブログにも書いたとおり、ドル円は90円付近を突破し、92円まで上昇。
ここまでは想定の範囲。
ドルスイスが強含みであっただけに、それを先行指標と見るなら、ドル円は上昇の可能性が大であった。結果、ショート筋のロスカットを巻き込んだか急上昇。
これでショートポジションが解消されたと見れば、ポジション残はニュートラルに近いか。
すると、今後の展開予想はなかなか難しい。
今日は雇用統計もあり、正直どちらに動くかは現時点では予想不可能。
ただ、ポイントとして挙げるなら、昨日の高値をしっかり抜けるか、あるいは88円ミドルを下抜けるかにかかっている。下のチャートを参照

チャートはドル円日足。
無題25


チャートはユーロドル日足(ラインチャート)
無題26

一方、ユーロドルについては、終値で前回安値を下回り、弱さが際立つ。
ユーロについては今後の金利引下げの可能性が払拭されなかったことが、上値を重たくしているか。
昨日の政策金利発表後、ポンドが急上昇してきただけに、力関係に微妙な変化が生じるかもしれない。
ユーロポンドの行方が気になるところだ。
これについてはまた、後日。

さて、自分の結果はというと、今朝ユーロ円等がロスカット・・・。
結果についてはまとめて明日の土曜日にでも。
相当もっていかれましたよ、ええ・・・。
やはり、長い足では損失が出たときは大きい。
何より、精神的にこたえるorz
スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。