スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/2の週(2/2~6)結果

さて、大敗を喫した今週のトレード(既決済)は以下のとおり。
週末の持ち越しポジションはなし。

既決済詳細は日付順に、
オージー円ショート:56.35円→60.10円(-375pips)
ユーロ円ショート:114.28円→118.08円(-380pips)
オージードルショート:0.6328→0.6595(-267pips)
ユーロドルショート:1.2750→1.2801(-51pips)
ドル円ロング:90.88円→91.98円(+110pips)

合計 -963pips


【総括・考察等々】
ほぼ完敗。
とほほ。
金曜日にドル円のロングを拾うも、はっきり言って焼け石に水。

週初にショートでのポジションメイクするも、木、金曜日の円安、ドルストレートでの他通貨買いで
大きくロスカットされた。
安値割れのブレイクでエントリーするも完全にダマシであった。
今になってわかる、結果論であるが。
しかし、自分のルールに従い、エントリーポイントとしては正しい判断であったと思う。
ただ、チャート進行につれての相場観、チャート分析、判断が間違っていたということだ。
自分の経験上「適切なエントリーならすぐ利が乗る」ということからも、ポジション方向に違和感を感じた時点で、損失に関係なくロスカットすべきだった。
結果、ルールにこだわりすぎて、フルアマウントでの最大損失。
柔軟性に欠けた。

細かく振り返ると、
まず、週明けの月曜、ショートポジションをメイク。
この日のクローズまでは方向感はあっていた。
そして、火曜、水曜の陽、陰線の出現。
方向感がなくなった。
この時点で、方向がわからないなら一旦手仕舞うべきだった。
そして、木、金曜日のクロス円上昇によりロスカット。
最終日、雇用統計前にはユーロドルを成行でロスカット。
唯一のプラス、ドル円ロングを取るのがやっとという、体たらく。
本来、ロングでエントリーすべきなのだろうが、大きなトレンドと逆、木曜日の急騰明け、そして、雇用統計を控え、バイアスはロングであったとしても、仕掛けるにはリスクが大きかった。
負けは負けで、潔く自分の責任として認める。
ぐずぐず言ったところで仕方ない。
反省はきっちりして、気持ちを入れ替えて、来週に挑もう。

正直、週末の動きで方向感が変わりつつあると思う。
ショートオンリーは一旦見直しが必要か。
ま、ゆっくり明日にでも分析しよう。


スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。