スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウ重要ポイント

祝日の東京時間。
動意薄。

上下に振らされる、難しい相場。
すんなり勝たしてくれないなー。

昨日は、米政府の景気刺激策(金融安定化策等)の発表が、経済状況に対して不十分であると市場では判断され、失望感からダウが▼381ドルの7888ドルでクローズ、そして、為替はリスク回避の円買いが進行するもドル円は90円台を死守してでクローズ。
90円のサポートを割れると下落が加速するか。

昨日のイベントに続き、今週末13日(金)、14日(土)には、G7(7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議)が開催予定。
どうも、今回は、具体的な施策を示すのではなく、参加国がこれ以上の世界経済の後退を回避すべく協調する姿勢を確かめる模様。
よって、影響は少ないと思われるが、重要なコメントが発表された場合を想定し、週末までにはいったん手仕舞いたいところ。

さて、チャートはダウ。
du-r.jpg
ザラ場ベースでは直近安値を更新していないが、ラインチャートを見ると、
du-l.jpg
直近安値(終値)を下回ってクローズ。
8300-7800のレンジと考えるなら、下抜けの可能性あり。
ザラ場の安値7845を下抜けると、下落トレンド再開。
MACDもシグナルと接触しつつあり、今日の動き、そしてクローズが非常に注目される。
切り返すか、はたまた、安値更新するか。
影響力が大きいだけに目が離せない。
スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。