スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の相場観

今日は便利なフリーソフトを1つ紹介。
為替は24時間オープンかつ、時間によって値動きも大きく異なるので、日本時間ではなく世界の時間軸で捉えることはは非常に重要。
現在、自分は軽くてシンプルな世界時計のフリーソフトを使っている。
なかなか使い勝手がいいし、設定も簡単。

tokei.jpg
ダウンロードはこちらから。

さて、来週はまずは日経の動きが注目される。
ダウが昨年の安値を更新し、日経が無傷で済むはずがない。
どこまで下げるか。
10月28日の安値が6990円(日経225先物)
そして、11月21日が7360円(同)
そして、金曜日のCMEの日経225クローズが7295円。
10月28日の安値までのりしろは約300円。
仮に、11月21日安値を下回っての寄付きなら、7000円を目指すような展開が
想定される。
しかし、7000円は強力なサポートとなるだろうが、そこにある膨大な買いを超える
売りが出ると、相当な下落も有り得る。
株安再燃か、週明けから正念場。
ディープアウトオブザマネーのプットを買っておくのも一考。

そして、為替。
普段、ドルストレート、クロス円など、だいたい13通貨ペアを見るのだが、
週足ベースでクロス円の中ではスイス円がもみ合いを抜けている。
週末のドルスイスの急落の影響か。
週足レベルではクロス円はそれ以外については判断が難しい。

週明けまずはスイス円の動向に注目。
チャートはスイス円週足。
cf.jpg


戦略として、80円で押し目買い、あるいは82円のブレイクで買いたい。
ま、万全を期すなら、週足の20EMA越えのロングか。

スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。