スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドルのポイント

情報源が2つ消滅。
1つ目は相場の状況を伝える速報メール。
これは為替だけでなく、NY市況や日本の株式相場などの
情報をタイムリーに携帯メールへ送信してくれ重宝していた。
もう一つがマネックスウォーカーFX。
日柄分析などが簡単にできた優れものだ。
消滅の理由はマネックスFXがFXプロとして統合されたことに起因する。
ま、どちらも外為どっとコムからの情報を転用しているので
登録しなおせばいい話なのだが。
しかし、問題なのは肝心の外為どっとコムに自分が口座開設していないこと。
口座開設までリアルタイムの情報ツールがないのは非常に不便だ。
相場の状況を伝えるメールは今ではどこの証券・証拠金会社でもあるが、
自分が使っていた速報メールはコンパクトにまとまっており、ないのは実に痛い。
ただ、深夜でもメールがバンバン送信され、当分はそのメールがこないとなると
熟睡できていいな。

さて、今日の為替相場。
非常に「もっさり」した動き。
自分の時間足ではこの時間までチャンスらしいチャンスはなし。
ま、動かないなら様子見。

チャートは昨日重要ポイントを抜けたユーロドル1時間足。
uyi.jpg
昨日の上昇が一段落し、上値が重い。
それは画像のサブウィンドウのADX下落、4時間足のMACDでも見て取れる。
さらに、緑色の丸で囲った日足20EMAとの乖離も鮮明のため、一旦は押しを想定。
ただ、日足の20EMAまで落ちるかは疑問。
50(水色)、89(緑色)EMAがサポートとしてあり、ここから一気に下落することは
正直考えづらい。
となると、一旦持ち合いにいこう後、昨日の高値越えを逆指値ロングってとこが今の戦略。
4時間足でもきれいなチャネルに沿っての上昇トレンドのため、ショートはしない。


スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。