スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/17の相場観

おはようございます。
昨日はバーナンキの発言に右往左往したような報道もあるが、
単にドル売りの後講釈。
ドル円は下方ブレイクか。
安値更新の高値切り下がりで89円前半からすでに相当重い印象。
そして、ドル売りが鮮明にわかるドルスイス。
はっきりとした下落トレンド。
一方、金は高値更新するも、相関の強いユーロドルが1.5000を
超えずに停滞中。
ポンドドルは1.6800台に突入。
しかし、自分はというとポンドドルの上昇には懐疑的。
基本、売り目で見ている。

それから、先週注目していた、ユーロポンドは0.8900を割っての引け。
前回の0.9050までの上昇は一旦「ダマシ」となり、上昇トレンドは消滅。
ただ、今後一気に下落するかと言われると、相変わらず微妙な値位置にある。
やはり、ドルスイスなどに比べてユーロポンドはトレンドが出づらいため、
どうも煮え切らないことが多々ある。

今日以降、基本はドル売り路線。
よって、ドルスイス、ドルカナダの戻り売りで攻めたい。
そして、ユーロドルの1.4800-1.5000、ポンドドルの勢い、そしてドル円の88円台後半
の攻防に注目しつつ、そろそろ動意づきそうなクロス円をエントリーしたいところ。
特に、ユーロ円はユーロドル、ドル円の膠着により、トレンドレスが鮮明である。
ブレイクに注目したい。
スポンサーサイト
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。