スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本邦株式バブル後安値更新!

標題の通り、日経平均がついにバブル後の安値を更新。
しかもあっさりと。
ついでに言うと、TOPIXも同安値を更新。
寄付き後、前場に一旦戻すも、後場は一転下値を模索。
最後はなんとか7000円台を保っての引け。
(日経平均先物が7160円、現物が7162円)
途中のG7の声明も完全スルー。

今日は先週末に続き、日経225のラージ、ミニとも売買のボリュームが異常に少ない。
よって、大口注文が入ると振らされる。
日経先物が下げると、現物が下がる。
下げのループだ。
しかし、下げ止まらない日経。
為替が下げ止まらない限り、止まらないのか。
ここまでの下げると、実体経済への影響を懸念する。
確実に時間差で影響が出てくるであろう。
確かに短期売買メインなら、トレードへの影響はないのかもしれない。
あるとすればマーケットの薄さか。

と、ここでふと考察。
自分は1979年の生まれだが、浮かれきったバブル時は幼少期でスルー。
その後、バブル崩壊後の不景気に青春を過ごす。
そして、就職超氷河期に卒業時期を迎える。
そして、このまれに見る金融危機。
てか、全くいい思いしてねーじゃねーか!!!

と、取り乱したところでユーロドルが下値を模索中の16:00。
現在1.2570でショート中。
下値は堅いかなーと思いつつ、様子見。
今日も本当に動きづらい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます~
土曜日はお疲れ様でした^^
また機会があれば参加しますので宜しくです^^>
日経はさっくと安値更新しましたね!

こちらもリンク完了しました。
今後とも宜しくお願いします~~~
プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。