スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽い気持ちが結果お金をドブに捨てることに

週間SPAを毎週読んでいる。
ゴシップ誌と揶揄する人もいるが自分はこのようなジャンルの雑誌が好きだ。
まず読むのが、「マネー特捜本部」と「恋愛の利回り」w
今週号の「マネー特捜本部」では9億円トレーダーの三村雄太氏がここ2週間で3.5億踏まれたということが書かれてあった。
氏の文面はゆるーい感じで心地よい。
彼は逆張りでなので、今回の暴落時にも果敢に立ち向かってたようだが、どうやら掲示板の書き込みを信じて買い持ちの玉を投げ打って大損したようだ。そして損切りの後、そこが底で反転。
しかし、彼は他人の意見に耳を貸さない人なのに、どうしてこんなときにという気がした。
その結果が-3.5億円とは。
自分の判断のみでこの損失なら、まだ納得できだだろうと思う。
当人も相当悔しい胸の内を文章にしていた。
自分もよくあるのだが、人の相場観を聞いて、それが自分と異なると自分が間違っているような気がする。 人の意見には耳を傾けるべきだが、それで揺れてはいけない。
やはりメンタルは重要だ。

前置きが長くなったが、今日のトレード。
結論は-150pips。
全然ダメ。
久しぶりにドル円でもやるかって感じで安易に手を出すも、深みに嵌った。
猛省。
99円を抜けたとは言え、ドル円の上値は相当重たい。
当面は99円~100円の売り場を探そう。

そういや、今週のSPAに郷ひろみのCMでお馴染み、高須クリニックの院長が年収50億って書いてたなー。
え?上場してんの?
してなかったら、その年収意味わかんね。
ま、いいや、もう寝よ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。