スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/19の週(1/19~13)結果

さて、今週のブログで書いたとおり、主なトレード(既決済)は以下のとおり。
週末の持ち越しポジションはなし。

既決済詳細は日付順に、
ドルカナダロング:1.2473→1.2642(+169pips)
ポンド円ショート:128.65円→126.52円(+213pips)
ポンド円ショート:125.18円→123.52円(+166pips)
ドル円ショート:89.60円→88.32円(+128pips)
カナダ円ショート:70.32円→69.26円(+106pips)
ユーロ円ショート:117.58円→114.44円(+314pips)
ユーロドルショート:1.3001→1.2837(+164pips)
ユーロドルショート:1.2901→1.2837(+64pips)
オージードルショート:0.6633→0.6633(0pips)

合計 +1324pips

【考察等々】

正直、あまり難しく考えてエントリーしていない。
1/20(火)にも書いたが、クロス円は売り、ドルストレートはドル買いと
いう大局的な自分の相場観に従い、ブレイクを狙ってエントリー
しただけ。
基本的にトレンドに逆らうことはしていないつもりだ。
しかし、ブレイク狙いの戦略を掲げるなら、トレンドが発生したのだから、
今週はもっと取れていなければならないはず。

細かく振り返ると、
まず、週明けの月曜、ギャップを狙ったドルカナダロング。
これは綺麗に取れた。
そして、火曜日からユーロ、オージードル、ユーロ円などを
ショート。
しかし、ユーロ円は週の下げ幅から言うと薄利で決済ということに
なるか。
その辺、利が乗ってきたとき、どこまで引っ張りついていくか。
当然、相場は上下動があるため、一度急落しても戻りが必ずある。
あくまで「戻り」なのだが、利益が削られるのは何とも心苦しいものがある。

最後に決済したオージードルは0.6550付近でもみ合い、何とも煮えきらず、
一時利益が乗るも、結局±0で手仕舞う羽目に。
思うに、エントリーポイントが適切なポジションはすぐに「距離」が稼げる。
つまり、利益が乗るわけだ。
よって、オージードルは一旦下げた後、もみ合った時点で自分の相場観を
疑い、修正すべきだった。信念を持ってポジションをとることは大事だが、
マーケットの状況に応じて柔軟に軌道修正していくことも必要だ。

それから、週半ばのドル円、カナダ円、ポンド円のデイトレ結果が利益をかさ
上げしている。
特にドル円、カナダ円はたまたま下落の瞬間にチャートを見ていたことで利益
が出たのでラッキーとしか言いようがない。
ま、運がいいだけで自分の実力ではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パチパチパチ
すばらしい利益おめでとうございます♪
どんどん結果がついてきてますね!スカッとしたのではないでしょうか
当然実力です^^

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。