来週の相場観

月、週足確定に伴い、自分が主にトレードしている13通貨のチャート分析終了。
日計りでトレードするにも、大きな流れを見ることは非常に重要。
クロス円はドル円を筆頭に月足レベルでは一旦底を打ったような形。
ドル円しだいのところもあるが、ユーロ、オージー円は反発の可能性大。
一方、ストレートは実体部分の小さいローソク足が多く、もみ合い継続でブレイク待ちの様相。
特にユーロドルは難しく、月、週足レベルでは判断不可能。
上下どちらにも動く可能性あり。
チャート的にはポンド、オージーは対ドルで特に弱いか。

チャートはユーロ円週足。
eur987.jpg

大きく見て、131-112円のレンジ。
先週は週足の20EMA(黄色126円付近)でレジストされるも、ほぼ大陽線での引け。
MACDもクロスしてきており、日足20EMA(黄色120円付近)を完全に上抜けしており、
反転鮮明。
レンジに強いストキャスも上昇に転じつつある。
週足の20EMAを抜ければ、131円付近をトライするのではないかと考えている。
そして、131円を抜ければトリプルボトム完成。
そうなれば、145円付近までの上昇もあり得る。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ