来週の相場観

週足チャートをざっと確認。

クロス円では孕み足が散見される。
来週の動きはまず、この高、安値付近でどう動くか。
クロス円はブル基調とはいえ、孕みの安値を割ると円高進行もおおいに有り得る。

ポンド円は142円付近、スイス円は87円を超えるとブル。
スイス円については抜ければ週足でのダブルボトム完成。
カナダ円は孕みかつ同事線で値幅が収縮しており、来週の動きが注目される。

次にドルストレートだが、依然トレンドレス。
ポンド、ユーロドルは依然弱いが下値も堅そうな印象。
ドルスイス、オージードルはボックス。
待ちか。
といいつつ、先週ユーロドルの反転で仕掛けて負けてるけどw

そして、日経225は居心地の良さそうな7000円-7600円のボックスで
推移する予想。となると、当然、IVは下がると踏んでいる。
方向感がわからないだけに、オプションはネガティブガンマかコール売りの戦略。
しかし、売りは一瞬でとんでもない損失につながるので自分みたいな下手くそ
はやらないほうがいいのだが・・・。

さて、チャートはみんな大好きドル円週足。

usw.jpg

先週は週足の50EMA(水色)にレジストされたが、依然ブル基調。
レジストされた付近には日足の200SMA(紫色)もあり、相当強固な抵抗帯。
さらに、101円付近には124.13円からの38.2%戻し、110.65円の61.8%戻しもあるので、仮に100円オーバーでもこの付近では止まるものと思われる。
しかし、下には週、日足の20EMA(黄色)、ブレイクポイントがありそこは押し目になるはず。
ということで、来週はもみ合いを想定しながら、押し目を買い、そして、ブレイクに備える戦略。

しかし、マルチタイムフレームはほんと便利だ。
日足に週足の20EMAなんかも出せるし、使い方は工夫しだいだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ