スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず目を疑ったドルスイス

しかし、驚いた。
ドルスイスの急騰。
チャートはドルスイス1時間足。
画像の最後のローソク足はまるでトーテムポールだ。


一昨日から執拗に追っていたドルスイス。
最後に見た時のレートが1.1570。
うーむ、完全にもちあいだなー、なんて思って席を外した数分後。
レートを見て、???。
値は1.1830。
ん???
それからチャート見て、表示がおかしいのではなく、暴騰したのだと気づく。

雇用統計じゃあるまいし、スイスの金利発表でここまで動くとは。
どうもスイス国立銀行が声明で債券購入と介入の可能性を示唆した模様。
市場はドル買いで呼応。
持っていたショートポジションは一瞬で昇天されました。
orz

油断大敵。

こないだしろふくろう氏と話をしたが、
「最近は持ち合いなんで、難しい」
といっていたし、4時間以上の足でブレイク狙いの連中は軒並みやられてるのでは
と思うがどうなんだろ。
自分も正直お手上げな状況。

ホントカワセッテムズカシイ・・・。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。