踏ん張れるかユーロドル!?

昨日、一昨日はブログの更新ができないほどの頭痛。
そんな訳で週末の分析もできずに望んだ週明け。
やはり動きについていけず。
クロス円が急落。
ま、報道で言われている自動車関連の話より、むしり期末要因の方が大きいのでは
ないかと感じる。

さて、チャートは先週末一気に動意づいたユーロドル1時間足。
eur0330.jpg

オープンに空けたギャップダウン(青色マーキング)を埋めたあと、1.3285の高値を超えられず下落。
ギャップがレジスタンスとなる分かり易い展開。
その後、日足の20EMA(黄色)がサポートとなっている。
ここは日足の89EMAもあるポイント。
今日のNYクローズでこれらのEMAがサポートとなるか。

日足のチャートを見ると、1.2456から1.3717までの50%押しが1.3097。
そしてその付近には日足の50EMAがあり、その下には今回のブレイクアウトポイントである
1.3000付近も控え、そうそう簡単には破れないサポートとみている。

安易なロングは危険だが、現状ショートで叩きづらいところでもある。
いずれにせよ、最もメジャーな通貨なわけで、今後の各通貨の動向を占う上でも目が離せない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ