スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両建てはやめるべき

無関係ではないだろうが豚インフルや祝日前ってことでズルズル下落した今日の日経平均。
やはり9000円は相当堅い。
今月、ヒゲで抜ける場面もあったが、引けでは一度も抜けられない。

今日は上述の要因もあったが、テクニカル的に4/8の8560円を下抜けたことで
今後下落が加速するか注目される。
今日の下落の影響でIVは上昇したが、今後下落があったとしてもあくまで調整の範囲で
IVは一気に上昇しないかなってのが本線。
よって、祝日明けは8300円-8500円を想定中。
ま、まだまだボックスですよ、多分。

そういや、今日FXを始めたばかりの人と話をしたのだが、どうやら両建てしているらしい。
「両建ては即座に止めた方がいいですよ」とアドバイスした。
FXや225先物の両建てって、「完全なヘッジ」ですよと話をした。
つまり、それは上にいこうが、下にいこうが、「短期的に損益が固定された」状態って
ことを懇切丁寧に説明した。
利食える状態でないから両建てする訳で、今回のケースも単に損失を短期的に固定しただけ。
短期的にってのがミソ。
違う商品でヘッジするのはもちろん意味があることだが、今回のケースはまったくもって
経済的ではないと思う。
たとえばコールオプション買って、225先物売ってのヘッジとかね(デルタヘッジ)
シンプルな225先物やFXでの売買を複雑にするとよくない。
両建てせずに損切る潔さがもっとも重要。
Sさん、そのポジションは両建て止めて直ちに投げましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。