スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロポンド3

まず、雑談。
昨日はFFCworldの発売日。
http://www.mknews.jp/fj/index.html

投資情報専門誌であるが、ザイやSPAに比べると専門色が濃く、
おそらく相場のある程度の知識がないと、理解できない内容。
なんとゆーか、飾り気のない、シンプルな雑誌で、個人的には好きだ。
もっと読者が増えることを願って止まないが、いかんせん取扱い書店が
少なすぎるため、現実問題、購入にはネットで買うかあるいは定期購読
するしかない。

大阪で取り扱い書店はわずか2店舗。
ミナミのジュンク堂(吉本の横ね)と東大阪のどっかw
これじゃ、なかなか売れないよなーと。

さて、今週注目しているユーロポンド。
昨日も綱引きが続く。
0.8900~0.9000のレンジ推移。
0.8900付近の週足20EMAのサポートがかなり強固であるが、
0.9050まではレジスタンスが並んでいるため、方向感がでない。
ショートはとりあえず、一旦仕切りってロスカット。
正直、上下どちらもありそうだ。
ユーロドルとポンドドルが煮え切らないことも動かない理由の一つ。
ユーロドルは1.4900~1.5000のレンジで硬直。
そしてポンドドルは昨日の格下げ問題により急落するも、日足安値は
1.6599まで。
今朝の時点では1.6733まで戻してきている。
ユーロドル、ポンドドルに動きが無い限り、方向感は出ないだろう。

こうなると時間の経過を待つしかない。
ただ、今日は米国休場もあり、引き続き動意薄が想定される。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。