スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注文方法

昨日のブログで携帯の注文について言及したが、実際携帯での注文は私にとっては非常に重要だ。ま、実際問題1日中モニターの前で執行できる人はそういないとは思うのだが、私もその一人であるので。そうなると携帯発注のレスポンスが命綱である。面白いことに、マネックス証券の先物OP取引なんかは携帯の方がパソコンより成行注文なら早いのだ。ちなみに、メールを打つのが異常に高速な人がいるが、私は携帯の注文が異常に速い。
ここで、業者の方に言いたいのだが、携帯の取引環境をもっと充実させてください!自分が知らないだけなのかもしれないが(最近ひまわり証券が225先物でイフダン注文を携帯でできるようにしたみたいだが)225先物・OPだと為替でいうIFDOなんかが携帯では発注できない。そうなると、成行と指値(逆指値)しかできない。となると、やはりパソコンよりワンテンポ遅れるのだ。このコンマ数秒の違いが明暗を分けたりするのだ。個人投資家が機関投資家と同じような環境で注文ができること自体が一昔前では考えられなかったことなので、携帯で注文できるだけで良しとしないといけないのかもしれないが、一度便利さに慣れてしまうとそれを手放すことは容易ではない。それは携帯電話を手放せないことで実証ずみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。