スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

225先物セミナー@大阪

P1020874.jpg
今日は大阪のハートンホテルにて日経225先物セミナー。
参加者は見るからに高年齢。
団塊の世代の退職金恐るべし(推測)
20代は自分を含め数人ってところか。
やはり、敷居が高いのかデリバティブ取引。
うーむ、個人的にはもっと若手が来てて欲しかった。

主催はひまわり証券。つまりは手数料収入と口座開設数アップの目論見が裏にはある。
講師は225先物の専業トレーダーの長谷川博也氏。
経歴の詳しい紹介がなかったので、結局どういう人かよくわからずw
ま、喫煙所で偶然出会ったので、身なりを観察したところ、有り得ないぐらい磨かれた靴と腕にはおそらくロレックス(間違ってたらすいません)。
何にせよ、あの靴のテカリ具合は只者ではないはずw
男を見るときは「くつ」「時計」を観察する自分。
プレゼンは「聴衆に問い掛ける、自分の意見を盛り込む」辺りが巧いと思わせた。
そして、内容は上級者向けを期待していたも見事肩透かしで、初心者向け。
ほとんどが知っている内容であったので、ちと退屈。
具体的には日経225ミニのトレード手法についてで、テクニカル分析がメインであった。
順張り、逆張り、サポレジ、高安、ダウ理論など。
時間が短く無料なのでこんなもんか。
板の見方、歩み値の捌き方を聞きたかったので、ちょっと残念。
2年前の投資を始めたときに聞ければこんなに負けなかったのにw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。