スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル1.4000割れ

日本時間の午前中、米上院本会議において、金融安定化法修正案が74対25で可決された模様。
これだけ聞くと、ドル円にとってはプラス材料と取れるが、素直でないマーケットは反落。
相場でよく聞かれる「織り込み済み」「材料出尽くし感」である。
好材料でも市場参加者の捉え方一つでそれは悪材料にもなる。
ファンダメンタルズ分析はこの辺が難しい。
さて、昨日はドルストレートのポンド、ユーロの下落を50pipsずつ取れて気を良くしたが、ドルスイスで浅めに置いたストップにやられ利益を減らしてしょんぼり。
現時点ではノーポジション。
ドル円は105.25付近で綺麗に下げ止まり。
ここを抜けると一気に走りそうだ。
ま、今は出を出したくない通貨なので、やらないが。
引き続き、ユーロドル、ポンドドルあたりで勝負という感じ。
ただ、明日には雇用統計も控えているので安易なポジション取りはしたくない、そんな週半ば。
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。