スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/16からの相場観

先週を振り返ると、各通貨方向感がないという印象。
週足チャートを見ても、ユーロ、ポンドドルはほぼ同事線で売り買い拮抗か。
ユーロドルは1.5000付近が重たく、一旦調整となる可能性もあるか。
先週末には1.4800付近までの下落があったが、結局V字反転で1.4920でNYクローズ。
1.4800-1.5000にダブルノータッチオプションがあったという噂も。
ただ、週足直近安値1.4625を割れない限りブル。
一方、資源国通貨オージードルに関しては雇用統計の影響もあるが、まだまだ強い印象。

次にドルカナダ、ドルスイス、ドル円を見ると、まだまだドル売りは鮮明。
さらにドルインデックスもまだまだ弱気継続。
ついでに、ユーロインデックスはブル、円インデックスもブルである。

上記のことから、来週以降も基本はドル売り方向でいいのだろうが、ユーロ、ポンドドルの高値更新が
できず、また高値圏の金、原油が若干頭打ちになるとすれば一旦調整もあるか。
そんな意味でも外部環境にも注意を払いたいところ。

euw.png

チャートはユーロポンド週足。一目は雲のみの表示。
黄色=20EMA、水色=50EMA、黄緑=89EMA、ピンク=200SMA。

自分は先週ユーロポンドに注目していたが、結局0.8900-0.9000付近のレンジ推移で終了。
来週以降どちらに天秤が振れるかどうかが注目される。
週足をみると上ヒゲの長い同事線。
20EMAでサポートされて、ここが押し目となるか。
トレンドはまだブル。


eud.png

次に同日足。
パラメーターは週足とほぼ同じ。
トレンドはベア。
ただ、ここから直近高値0.9063を超えるとブルに。
非常に微妙な値段。
89EMA、雲の下限、さらに下には200SMAが控えるので、ここは強力なサポートに
なると考えている。
RSIも弱ダイバージェンス出現中。
転換となるか。
ただ、ダイバーが出たから即ロングなわけもなく、当分は0.8900-0.9000のどちらを抜けるか
見守ることになるだろう。







ユーロポンド買い

おはようございます。

昨日はベテランズデーということもあり、薄商いとなることを見込んで、
映画鑑賞。
世界最古の民間銀行ベアリングズを破綻にまで追いやった「ニックニールソン」
を描いた「マネートレーダー・銀行崩壊」

彼はシンガポールの先物トレーダーであり、一時莫大な利益を上げていた。
その手法はシンガポール(現SGX)と日本での225先物を使ったアービトラージ。
シンガポールと日本との価格差(あや)が発生したとき、高い方を売り、安い方を
買う、鞘取り。
時は1994年ごろ。
その頃の相場は良く知らないが、この方法はかなりワークしたのだろう。
しかし、20,000円からの下落基調となった1995年、売りに対して彼は1人で買い向かい、
追証の連続により、結局ゲームオーバー。
阪神大震災発生時の暴落にも買い向かっていたようだ。
ひどい時は1日5,000万ポンドの損失。
ま、顧客の玉じゃなく、無許可の持高だったみたいだけど。
そして、その後失踪、てな、流れ。

先物やってないとわからない内容でマニアックとしかいいようがない。
大衆向けにわかりやすく噛み砕いているのだろうが、むしろ、もっと専門的
な方が個人的には良かった。
ただ、俳優の演技が滑らか、かつテンポがいいので見ていて不愉快には
ならなかった。
先物やる人は暇つぶしにご覧あれ。

さて、そんな映画鑑賞をしながらだが、一応相場はチェックしていた。
そして、今週注目している、ユーロポンド。
ポンドが少し崩れてきているし、ユーロはまだ底堅そうな印象もあり、
ブレイクをロングでエントリー(0.8985)
昨日から薄い相場だが、まずは豪州の失業率発表で動意づくかに注目。
オージードルは調整か、再度ブレイクか。
そして、ユーロドルの動きに注目中。

ユーロポンド3

まず、雑談。
昨日はFFCworldの発売日。
http://www.mknews.jp/fj/index.html

投資情報専門誌であるが、ザイやSPAに比べると専門色が濃く、
おそらく相場のある程度の知識がないと、理解できない内容。
なんとゆーか、飾り気のない、シンプルな雑誌で、個人的には好きだ。
もっと読者が増えることを願って止まないが、いかんせん取扱い書店が
少なすぎるため、現実問題、購入にはネットで買うかあるいは定期購読
するしかない。

大阪で取り扱い書店はわずか2店舗。
ミナミのジュンク堂(吉本の横ね)と東大阪のどっかw
これじゃ、なかなか売れないよなーと。

さて、今週注目しているユーロポンド。
昨日も綱引きが続く。
0.8900~0.9000のレンジ推移。
0.8900付近の週足20EMAのサポートがかなり強固であるが、
0.9050まではレジスタンスが並んでいるため、方向感がでない。
ショートはとりあえず、一旦仕切りってロスカット。
正直、上下どちらもありそうだ。
ユーロドルとポンドドルが煮え切らないことも動かない理由の一つ。
ユーロドルは1.4900~1.5000のレンジで硬直。
そしてポンドドルは昨日の格下げ問題により急落するも、日足安値は
1.6599まで。
今朝の時点では1.6733まで戻してきている。
ユーロドル、ポンドドルに動きが無い限り、方向感は出ないだろう。

こうなると時間の経過を待つしかない。
ただ、今日は米国休場もあり、引き続き動意薄が想定される。

引き続きユーロポンド



おはようございます。
一昨日に引き続きユーロポンド。
チャートは日足。
昨日はサポートである0.8900付近を割り込むもNYクローズは結局0.8900を
超えてきている。
底堅い印象。
仮に0.9000付近を越えてくるとロングを検討。
もう少し様子見したい。
と、自分はひそかにショートしてるが。
ま、なんとなくストップにかかりそうな気がする弱気な今日である。

ユーロポンドに注目中



チャートはユーロポンド週足。
移動平均は下から200(紫)、89(黄緑)、50(水色)、20(白色)、20(日足マルチタイム)EMA。
トレンドはまだ上。
先週は日足の20EMA(黄色)と週足の20EMA(白色)のレンジ。


そして、下は同日足。
eugd.png

トレンドは下。
0.9055付近の直近高値かつ日足20EMA(黄色)を抜ければ反発か。
その前に50EMA(水色)の0.9000付近の突破がまずは関門。
そして、逆の方向だと下に控える、週足20EMA(白色)と日足の89EMA(黄緑)のサポート
を抜けると日足200EMAまでの下落が想定される。

どちらもありそうで、なかなか面白い。



プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。