スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続きドル円ウォッチ

11/4はしこったショートが切らされ上昇するも、結局は日足50EMAでレジストされた
ドル円。
ストップを90.30円に置いていたので、昨日のドル円ショートをあのままキャリーしていたら、
夜中にストップだった。
最近の相場でいうとタイトストップより、むしろ広くとった方がいい気がする。

今日は91円より上は一目の雲も分厚く、実需の売りも多そうで上値は非常に重たい印象。
ショートが軽くなった分、若干バイアスは下方向か(クロス円全般)
ただ、今の水準でのショートポジションはとりづらい。

一方、ドルストレートももう少し相場進行を見極めたいところなんで、見送りたい。
そんな中注目しているのが、ユーロポンド。

今後0.9055付近の直近高値、日足20EMAを超えてくるようならロングでエントリーしたい。

ドル円日足20EMAで薄利決済

91.00円のドル円ショートを薄利だが、90.75円で決済。
ピボットR2、30mの20EMA、そして何より日足の20EMAが強力なサポートに
なりそうな気がしたので。
ま、FOMCは予想通りで動かないと思うが、今日はこれでOKとしよう。

ドル円ショート

打診的に91円でドル円ショート中。ストップ@91.30で。FOMCでは動かないと予想。

動きづらい

携帯から更新。
4日祝日明けの前場、本邦株式市場は動意薄。ドル円、ストレートもほとんど動かず。動いたのは唯一ユーロ、ポンド円のみだか、それも現在は落ち着いている。FOMCまでは様子見か。
さて、どうするか。
4h足の確定15時時点で軒並みNR7出現中。膠着がつづく。現状、自分の相場観にさしたる変化なし。ドル円もこの水準では売りたくない。ただ、買いはないので、どこで売るかだけだ。

ドル円

20091103usy.png

月曜日オープンからクロス円が下落するも、突っ込んだ短期のショート筋が捕まり、
結局90円を超えてNYクローズしたドル円。
ショートがしこってるとなかなか下がらないのはよくある話。
ま、もう一度上を攻めての下落を想定。

チャートは基本に立ち返り、ドル円日足に一目をプロット。
ちなみに転換線は消去。
基準線が水色、遅行スパンが黄色、そして先行スパン1、2の雲。
昨日今日と基準線との攻防、そして最も重要と言われる遅行スパンがローソクと交差中。
好転するか。
基準線の傾きはフラット。
微妙。
91円付近は分厚い雲があるため、非常に重たいか。
さらに、チャートには表示していないが、20EMA、50EMA、89EMAと抵抗帯が並ぶ。
個人的には売り場探し。





プロフィール

サイトス

Author:サイトス
1979年大阪生まれ。28歳。
2006年10月から本格的に投資を開始。
当初はありがちなビギナーズラックで富を築く。
が、それも長続きはせず、2007年5月、円安時に「まだまだ上がるな」とドル円123円で強気のロング。その後、ドル円は124円をピークに円高進行。膨大な含み損を抱え、精神が不安定になるも、「いつかは上がるさ」と希望だけは持ち続ける。
そこで現在の師である某テクニカル分析ブロガーと出会う。その後、希望という夢から覚め、忘れもしない翌2008年1月107円で変な汗をかきながら数百万のロスカット。
自暴自棄、後悔、猛省の後、再起を誓い、専門書を買い漁り猛勉強。ようやく利益が出だす今日この頃。

投信→現物株→eワラ→225先物→為替→225オプションとハイリスクな投資は一通り経験。
現在は為替、225先物、同オプション取引がメイン。

好きな言葉「含み益」
嫌いな言葉「ロスカット」

最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
使えるソフト
エクセル、ワードなどオフィスのフリーソフトです。 Use OpenOffice.org
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。